翻訳会社IDC画像

IDC TOP > 役に立つ翻訳用語集 > ターゲット言語

役に立つ翻訳用語集

ターゲット言語

読み:ターゲットゲンゴ 類義語:訳語

ターゲット言語とは、あるドキュメントをA言語からB言語に翻訳する場合のB言語(翻訳語の言語)の方を指す。
例えば、日本語から英語に翻訳した場合は、英語がターゲット言語となる。

一方、この場合の翻訳前の元言語、つまり日本語はソース言語とよぶ。
ターゲット言語となりうる言語は多数あり、翻訳のIDCでは英語、中国語、韓国語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語など約50言語が対象。
ターゲット言語の傾向を見た場合、最も多いのが日本語。他、多い順に並べると英語、中国語、韓国語となる。それ以外の言語については、アジアの言語がターゲット言語となることが多い。これは、アジアとの経済的な繋がりが大きく影響しているといえる。
他方、ソース言語に目を向けてみてもターゲット言語と同じ傾向が伺える。
ターゲット言語とソース言語は必ず一対として使われ、その関係は基本的に一対一。
しかし、1つのソース言語が複数のターゲット言語へ翻訳される場合(一対多)の関係も多数ある。

翻訳用語一覧

あ~お アサイン 上書き翻訳 映像翻訳 オンライン翻訳
か~こ 外来語 クエリー グロッサリー 原文ベース 校正 コーディネータ
さ~そ 産業翻訳 仕上がりベース 字幕翻訳 スタイルガイド ソース言語
た~と ターゲット言語 直訳 登録翻訳者 特許翻訳 トライアル
な~の 日本翻訳家協会 日本翻訳協会 日本翻訳連盟 ネイティブチェック 納期
は~ほ 番号処理 品質管理 フリーランス翻訳者 翻訳会社 翻訳業界 翻訳ソフト 翻訳メモリ
RECOMENDS
  • 翻訳料金表
  • 割引メニュー
  • 失敗しない翻訳会社の選び方
  • 役に立つ翻訳用語集
  • HOME
  • 対応言語
  • 対応分野
  • 各種サービス
  • 初めての方へ
  • honyakuのIDCの強み
  • FAQ