翻訳会社IDC画像

IDC TOP > 役に立つ翻訳用語集 > スタイルガイド

役に立つ翻訳用語集

スタイルガイド

読み:スタイルガイド 類義語:仕様書

スタイルガイドとは、翻訳をおこなう上でのスタイルを規定したガイドライン。
日本語は他の言語と比較すると、「平仮名」、「カタカナ」、「漢字」、「算用数字」、「ローマ字」など、使用出来る文字の種類が多いため、翻訳をする際にスタイルを決める必要が出てくる。
多様な文字を使用出来るということは、表現を豊かにすることができるが、その反面、表現のゆれを無くしスタイルの統一を行わなければならない。
スタイルを統一していない訳文は、文章を読んで違和感があって読みづらく、見た目も美しくない。
スタイルガイドでは、主に句読点、文体、全角や半角、文字間のスペース、複合語、長音符号、算用数字や漢数字、記号、地名や人名などの固有名詞、送り仮名、フォントを取り決める。
スタイルガイドは特に分量(ページ数)の多い翻訳でその効果を発揮し、ローカライズの分野では特に重要。
厳密に言うと用語集はスタイルガイドとは別物であるが、翻訳会社によってはスタイルガイドの中に用語の統一も含めるものとして扱う場合もある。

翻訳用語一覧

あ~お アサイン 上書き翻訳 映像翻訳 オンライン翻訳
か~こ 外来語 クエリー グロッサリー 原文ベース 校正 コーディネータ
さ~そ 産業翻訳 仕上がりベース 字幕翻訳 スタイルガイド ソース言語
た~と ターゲット言語 直訳 登録翻訳者 特許翻訳 トライアル
な~の 日本翻訳家協会 日本翻訳協会 日本翻訳連盟 ネイティブチェック 納期
は~ほ 番号処理 品質管理 フリーランス翻訳者 翻訳会社 翻訳業界 翻訳ソフト 翻訳メモリ
RECOMENDS
  • 翻訳料金表
  • 割引メニュー
  • 失敗しない翻訳会社の選び方
  • 役に立つ翻訳用語集
  • HOME
  • 対応言語
  • 対応分野
  • 各種サービス
  • 初めての方へ
  • honyakuのIDCの強み
  • FAQ