翻訳会社IDC画像

IDC TOP > 役に立つ翻訳用語集 > 仕上がりベース

役に立つ翻訳用語集

仕上がりベース

読み:シアガリベース 類義語:仕上がり計算

仕上がりベースとは、翻訳料金の算出方法の1つ。ほかに原文ベースがある。
翻訳業界に古くから採用されている料金算出方法であり、歴史の古い翻訳会社は仕上がりベースを採用していることが多い。一方、比較的新しい翻訳会社は原文ベースを採用している。
Webサイトを持っている翻訳会社で料金表を出している翻訳会社は、クライアントに分かり易い「原文ベース」を採用している傾向にある。
仕上がりベースは、訳文の文字数(ワード数)をカウントして料金を算出する方式であるが、仕上がりベースを採用する多くの翻訳会社では文字単位(ワード単位)で料金を算出せず、ページ単位で料金を算出する。
例えば、英文和訳の場合、仕上がり1ページを400文字として計算する。これは、ワープロが登場する以前、手書きで翻訳を行っていた時代に原稿用紙が400文字詰めだったことから400文字を1ページとする考え方が一般的となった。
また、和文英訳の場合は、180ワードまたは200ワードが一般的。これは400文字の和文を英訳した場合の平均的なワード数がこれに相当するためである。翻訳のIDCの和文英訳では180ワードを採用。
原文ベースに対する仕上がりベースのメリットは、翻訳会社が見積を作成するときに文字カウントを概算でカウントしても問題ないため、見積書の作成を素早く行える点が挙げられる。
仕上がりベースにおいて原稿の文字カウントを正確に行ったとしても、翻訳語の文字数を正確に予測することは不可能なので正確な文字カウントは意味を成さない。

翻訳用語一覧

あ~お アサイン 上書き翻訳 映像翻訳 オンライン翻訳
か~こ 外来語 クエリー グロッサリー 原文ベース 校正 コーディネータ
さ~そ 産業翻訳 仕上がりベース 字幕翻訳 スタイルガイド ソース言語
た~と ターゲット言語 直訳 登録翻訳者 特許翻訳 トライアル
な~の 日本翻訳家協会 日本翻訳協会 日本翻訳連盟 ネイティブチェック 納期
は~ほ 番号処理 品質管理 フリーランス翻訳者 翻訳会社 翻訳業界 翻訳ソフト 翻訳メモリ
RECOMENDS
  • 翻訳料金表
  • 割引メニュー
  • 失敗しない翻訳会社の選び方
  • 役に立つ翻訳用語集
  • HOME
  • 対応言語
  • 対応分野
  • 各種サービス
  • 初めての方へ
  • honyakuのIDCの強み
  • FAQ