翻訳会社IDC画像

IDC TOP > 役に立つ翻訳用語集 > ネイティブチェック

役に立つ翻訳用語集

ネイティブチェック

読み:ネイティブチェック 類義語:プルーフリーディング、校正、クロスチェック、リライト

ネイティブチェックとは、翻訳言語が母国語ではない翻訳者(ネイティブ翻訳者)が翻訳した訳文を、翻訳言語が母国語であるチェッカー(校正者)が、文法的なミスやスペルミスをチェックするもの。
例えば日英翻訳の場合、英語が母国語ではない翻訳者が翻訳した訳文を、英語が母国語のチェッカーが校正することになる。
類義語にプルーフリーディング(校正)、クロスチェック、リライト、エディティングなどがあるが、その捉え方は翻訳会社によってまちまちであるので注意が必要。

ネイティブチェックに最も近いとされているのはプルーフリーディングであるが、その大きな違いは2つ。
1、ネイティブチェックは必ず翻訳言語が母国語の翻訳者がチェックをおこなう(プルーフリーディングは、チェッカーが翻訳言語を母国語としない場合もある)。
2、翻訳言語を母国語としない翻訳者が翻訳を行った場合におこなうチェックをネイティブチェックとよぶ(ネイティブが翻訳を行った訳文をチェックした場合はプルーフリーディングとなる)。
ただし、翻訳のIDCでは翻訳言語を母国語とする翻訳者が翻訳をし、それに対して通常の校正を行った場合も、ネイティブによる工程が含まれているので「ネイティブチェック」としている。

一方、クロスチェックとネイティブチェックの違いは、クロスチェックは原文と訳文の突き合わせによるチェックをおこなうのに対し、ネイティブチェックは訳文のみを見て文法ミスやスペルミスのチェックをおこなうこと。
ただし、翻訳のIDCでは通常の校正(プルーフリーディング)またはネイティブチェックの場合でもクロスチェック同様に原文と訳文の突き合わせにて文法、構文、スペルミスなどのチェックを行っている
一般的に、訳文の使用用途がネイティブに対してであればネイティブチェックを入れた方が良いとされる。
これに対し、例えば使用用途が日本人に対してであれば日本人の翻訳者が他言語を翻訳した方が良い場合もあるので、翻訳会社に確認が必要。

翻訳用語一覧

あ~お アサイン 上書き翻訳 映像翻訳 オンライン翻訳
か~こ 外来語 クエリー グロッサリー 原文ベース 校正 コーディネータ
さ~そ 産業翻訳 仕上がりベース 字幕翻訳 スタイルガイド ソース言語
た~と ターゲット言語 直訳 登録翻訳者 特許翻訳 トライアル
な~の 日本翻訳家協会 日本翻訳協会 日本翻訳連盟 ネイティブチェック 納期
は~ほ 番号処理 品質管理 フリーランス翻訳者 翻訳会社 翻訳業界 翻訳ソフト 翻訳メモリ
RECOMENDS
  • 翻訳料金表
  • 割引メニュー
  • 失敗しない翻訳会社の選び方
  • 役に立つ翻訳用語集
  • HOME
  • 対応言語
  • 対応分野
  • 各種サービス
  • 初めての方へ
  • honyakuのIDCの強み
  • FAQ