翻訳会社IDC画像

IDC TOP > 役に立つ翻訳用語集 > 翻訳メモリ

役に立つ翻訳用語集

翻訳メモリ

読み:ホンヤクメモリ 類義語:翻訳支援ツール

翻訳メモリとは、原文と訳文の組み合わせをデータベース化したものをいう。または、翻訳者の作業効率を高めるためにそのデータベースを利用した「翻訳支援ツール」を指すことも。

翻訳メモリ(翻訳支援ツール)は翻訳ソフトと違い、もともと文章を翻訳する機能は備わっておらず、主な機能は以下である。
1、翻訳されたセンテンスや単語を原文と一緒に対訳として保存する機能
2、保存された対訳と類似の原文を訳す際に、翻訳の候補をメモリから参照する機能。

これによって得られるメリットは、以下のケースの作業効率の向上である。
1、同じセンテンスを何度も翻訳する場合
2、センテンスを繰り返し使用する場合のコピー作業
3、繰り返し使われる用語やセンテンスの翻訳表現の統一作業

ただし、マニュアルや仕様書など、同じ表現や用語が繰り返し使われる文書の翻訳作業効率は向上するが、文書量の少ないものや規則性の少ない文書では、そのメリットがあまり得られない。

近年は、翻訳ソフトに翻訳メモリ(翻訳支援ツール)の機能を持たせたり、翻訳メモリ(翻訳支援ツール)に翻訳ソフトの機能を持たせることもあるが、どちらを選ぶかはメインの機能としてどちらが良いか?が選択の大きな要因といえる。

翻訳メモリには多くの種類があるが、良く知られているのはSDL/TRADOS, Deja Vu, Transit, Wordfast, TraTool,OmegaTなど。

翻訳用語一覧

あ~お アサイン 上書き翻訳 映像翻訳 オンライン翻訳
か~こ 外来語 クエリー グロッサリー 原文ベース 校正 コーディネータ
さ~そ 産業翻訳 仕上がりベース 字幕翻訳 スタイルガイド ソース言語
た~と ターゲット言語 直訳 登録翻訳者 特許翻訳 トライアル
な~の 日本翻訳家協会 日本翻訳協会 日本翻訳連盟 ネイティブチェック 納期
は~ほ 番号処理 品質管理 フリーランス翻訳者 翻訳会社 翻訳業界 翻訳ソフト 翻訳メモリ
RECOMENDS
  • 翻訳料金表
  • 割引メニュー
  • 失敗しない翻訳会社の選び方
  • 役に立つ翻訳用語集
  • HOME
  • 対応言語
  • 対応分野
  • 各種サービス
  • 初めての方へ
  • honyakuのIDCの強み
  • FAQ