中国語翻訳画像

IDC TOP > 対応言語 > 中国語翻訳

中国語 Chinese

中国語には「簡体字」と「繁体字」の2種類の字体があります。
簡体字を使用しているのは主に中国大陸で、繁体字を使用しているのは主に台湾・香港・マカオなどです。中国語に翻訳をする際は、仕上った翻訳ドキュメントを使用する地域をご確認の上、簡体字か繁体字をご指定ください。

翻訳のIDCでは中国語の翻訳スタッフと経験豊富なチェッカーによる「クロスチェック」にて、『日本語→中国語』、『中国語→日本語』の翻訳を高品質でご提供いたします。

高い顧客満足度に裏付けられた翻訳品質と迅速な対応にて、お客様のグローバルなビジネスシーンをサポートいたします。

料金

中国語→日本語、日本語→中国語の料金表です。
価格や納期でお困りの際やご不明点がある場合は、お見積フォームからお気軽にお問合せください。

  日本語→中国語 中国語→日本語
ドラフト翻訳 お問い合わせください お問い合わせください
スタンダード翻訳 お問い合わせください お問い合わせください
専門翻訳 お問い合わせください お問い合わせください
※全て税別価格による表示です。

● 料金算出基準
原稿が日本語の場合:原文文字数×1文字あたりの単価
原稿が中国語の場合:原文文字数×1文字あたりの単価

● 最低料金
1回のご依頼分量が僅かな場合には最低料金を設定させていただいております。
日中・中日とも5,000円が最低料金となります。

 ● 注意事項
  • 上記料金には消費税は含まれておりません。
  • レイアウト、作表・作図など翻訳以外の作業は、別途料金を申し受けます。
  • コピーライティング、リライトなどは別途料金となります。
  • 分量の多い案件、継続案件に関してはお値引き等のご相談を承ります。

● 簡体字・繁体字について
簡体字とは1956年に中華人民共和国国務院が「漢字簡化方案」で制定しました。簡略化された漢字の字体(フォント)体系で日本における新字体に相当し、当初515文字からスタートしています。さらに1964年の「簡化字総表」でさらに字体が追加され2200文字となりました。
繁体字の簡略化が進められた理由は、繁体字の画数の多さが識字率の低さに繋がっているという考えが中国にあったためです。1977年には「第二次漢字簡化方案」が提出され、さらなる識字率の向上を狙いましたが、これは定着することなく廃止となりました。
現在、簡体字は主に中国大陸で使用されており、その他、シンガポールやマレーシアでも使われています。

繁体字(正体字)とは日本の漢字における旧字体に相当し、主に台湾・香港・マカオなどで使用される筆画が多い漢字の字体を指します。簡体字と繁体字では一部同じ漢字もありますが違う漢字であることも多く、同じものであるのに言い方が違うことがあります。
また、一般的に中国人は簡体字も繁体字も両方読むことができるとされていますが、対象となる地域に合わせて簡体字と繁体字を選択することをお勧めします。
中国語の翻訳をご依頼の際には「簡体字」または「繁体字」のご希望をお伝えください。

【簡体字と繁体字の例】
パンダ⇒ 簡体字:熊猫 繁体字:貓熊
渋滞⇒ 簡体字:堵车 繁体字:塞車

RECOMENDS
  • 翻訳料金表
  • 割引メニュー
対応言語
  • 英語翻訳
  • 中国語翻訳
  • 韓国語翻訳
  • ドイツ語翻訳
  • フランス語翻訳
  • イタリア語翻訳
  • スペイン語翻訳
  • その他の言語
  • HOME
  • 対応言語
  • 対応分野
  • 各種サービス
  • 初めての方へ
  • honyakuのIDCの強み
  • FAQ